成功する不動産投資

1Rマンションの不動産投資で成功するためには、購入するマンションの物件選びが重要なポイントです。ロングリターンを覚悟して、築年数が浅い新築の物件を選びましょう。駅から歩いて10分以内、近くにやコンビニなど買い物できるお店がある、複数路線が入る大きな駅まで電車で15分以内、オートロックや防犯カメラなどセキュリティがしっかりしている、不在時の宅配ボックスがあるなど、入居者のニーズに合わせた物件を探しましょう。

自分が住みたいと思えるような物件なら、他の人も興味を持つはずです。住む人の気持ちになって購入する物件は探すようにしましょう。資産運用の専門家のアドバイスに耳を傾けることも大事なことです。

ただ「儲かる」「自己資金0円から始められる」とか上手いことしか言わない人ではなく、あなたの不動産投資が成功するように、その状況に応じて適切に資産運用のアドバイスしてくれる人を探して、アドバイスを受けることです。

自己資金を充分用意して避けられるリスクは避ける、物件購入後も不動産、資産運用の勉強をして、不動産投資を成功するための努力をするなど、労力や手間を惜しまない、人を頼りすぎないことが成功する不動産投資の秘訣です。

メリット・デメリット

1Rマンションの不動産投資のメリットは、不動産価格が比較的安く購入しやすいため物件を増やしやすい、世帯用マンションに比べ需要が多い、一定の家賃収入が得られる、高利回りの可能性があることです。不動産会社によっては、自己資金0円で不動産投資を始められるという会社もあります。

1Rマンションは住居としてだけでなく、企業の単身赴任者の住居、宿泊施設、個人事務所、セカンドハウスと使用用途が広いので、いい物件を購入できればすぐに入居者が決まり利益を得られることができます。入居者がすぐに見つかる確率が高いのが1Rマンションの不動産投資の魅力です。

デメリットは、家賃が入らない間も返済する必要があるため、入居者が入らない期間が長く続くと損をすることです。金利の上昇、賃貸管理会社の倒産、購入した物件が事故物件だった、または事故物件になってしまった、入居者の家賃の滞納、物件の倒壊、損失が起きた時は大きな損をすることになります。

上手くいかないからと言って、すぐに物件を売ることができないのもデメリットです。そういったリスクも踏まえて購入する物件を慎重に選ぶことが、成功する1Rマンションの不動産投資への第一歩と言えるかもしれません。

不動産投資とは

不動産投資とは、利益を得るのが目的で、不動産事業に資金を投下することをいいます。
最近注目されている資産運用方法の一つです。銀行の低金利や年金額の低下に不安を感じる方が、自分の年金を補うために始めるケースが多く、30~50代の方に人気があります。

そのうちの4割が会社勤めをしながら、不動産投資をしています。30~50代は結婚、出産、子育てなどライフステージの変化が多く、一番お金が必要な世代です。お子さんの生活費や教育費など、お子さんの将来にかかる資金を増やすために、不動産投資を始めた方も多いのではないでしょうか。

不動産投資は、アパートやマンションを購入して収入を得る方法と、購入した土地の物件の価値が上がった時に売って、その差額で収入を得る方法の2つがありますが、最近は自己資金が低くても始められて一定の家賃収入が得られるアパート・マンションの不動産投資が人気です。
その中でも1Rマンションの不動産投資に特に注目が集まっています。単身者の増加、単身用のマンションは、世帯用マンションに比べて使用用途が幅広いので需要が多い、物件の購入価格が比較的安いので、複数の物件の購入が可能なことが人気の理由です。
その他には戸建賃貸の不動産投資などもあります。

不動産会社によっては「自己資金0円から始められる」と宣伝しているところもあり、手軽に始められるイメージがありますが、不動産投資で失敗して損をするケースも多く見られます。そんな不動産投資のメリット・デメリットをまとめてみました。1Rマンションの不動産投資に興味がある方、不動産投資を視野に入れている方は今後の参考にしてください。

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031